ボードレール語録

「悪」印象が強いけれど、決してそれどころではないボードレールの魅力を広めたい一心で。

category
récent posts
Archives
liens
profile
comment
trackback
Recommandations
other
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    笑いの本質について
     他の分野の芸術に於けるよりずっとはっきりと、風刺画には二種類の作品、その貴重さと推奨に値する理由がまるで反対であるほどに掛け離れた二種類の作品が存在する。
    一方は、その表象する事実のために価値を持つに過ぎない。この種の作品はもちろん、歴史家、考古学者の関心、哲学者の関心さえをも引く権利を持つ。これは国立古文書館や人類思想の伝記的記録の中に位置を占めるものだ。ジャーナリズムの紙片と同じように、次々と新たな作品を運んでくる絶え間ない風に運び去られ姿を消してしまう。
    そして、これこそ私が特に取り上げたいと思うものなのだが、もう一方の種類の作品は、或る不可思議で持続的で永遠な要素を含み、この要素のために芸術家の関心を惹き付ける。この捉えがたい美の要素が、人間に対してその精神的肉体的な醜さを表象する事を役目とする作品の中にまで入り込んでくるとはなんと興味深く、まさしく注目に値する事柄ではないだろうか。
    そして、これに劣らず不可思議な事柄は、人間の中にこの嘆かわしい見世物が、不滅にして矯正しがたい哄笑の気分を引き起こすという事だ。
    | 批評・エッセイ | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    | - | 11:01 | - | - |









    http://ququelo.jugem.jp/trackback/228