ボードレール語録

「悪」印象が強いけれど、決してそれどころではないボードレールの魅力を広めたい一心で。

category
récent posts
Archives
liens
profile
comment
trackback
Recommandations
other
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ボードレールの南洋旅行
     ボードレールのエキゾチズムが云々されるときに必ず引合いに出される「南洋旅行」の顛末を少々。
    断っておくが、脚色は、ゼロである。


     1839年、18歳のボードレールは当時パリの名門学校だったルイ=グランを些細な事件から(日頃の反抗的な素行も手伝って)退学し私設の寄宿学校に入った。ただし、そこがまた受験勉強のための学校とは言いながら、実は単なる不良ブルジョワ少年の巣窟だったりしたのである。当時の不良ブルジョワ少年が何をやっていたかというと、酒と女と博打か文学、というのがお定まり。当時にあってはノルマン派という文学青少年の一派がたむろしており、ボードレールとも競作したり共作したりとなかなか仲良しだったという。ボードレールの文学人生はここから始まったとも言えるかも知れない、と思う。
     というわけで勉強はあまりしてなかったというのが察せられるけれども、それでもなんとか大学入学資格試験、通称バカロレア、現代日本でいうところの大検とセンター試験とが混ざったような試験を通過し(これに関しては黒い噂がある、いやマジに)、法律関係への就職を希望する両親に従い一応は法科大学に登録。しかし不登校。文学仲間と騒いだり女にうつつを抜かしたりして勉強もせずに遊び回るという嘆かわしい生活を送る。
     ただ、この時期に巨匠ユゴーと面会したり、ネルヴァルやらバルザックと知り合ったり、なかなか為になる出会いがいっぱいあったっぽい。梅毒に罹ったのもこの頃だという見方が有力だ。なかなかにそれなりに充実していたとも言える。

     1841年、20歳になったというのに学校も行かず、将来の展望もなく遊び惚けているように見える(実際そうなんだが)ボードレールの行く末を案じた継父オーピックは、環境が悪い影響を与えているのだと考え、親族を集めて会議を開催。悪所悪友だらけの猥雑な大都会パリから彼を遠ざけ、明るい陽光と清潔な空気の中に身を置き、広い世界を見聞すれば、必ずや、不健全な我が身を反省して実業に目覚め、有為な社会人として立ち直ってくれるに違いない、と提案し全会一致(ボードレール以外)で承諾されたのである。これは渋々ながら従うよりはない。ムカついたであろうことは想像に難くない。
     行先はカルカッタ、オーピックとしては、願わくばインド名産繊維産業などに興味を抱いてその方面に進んでくれることを期待していた模様である。見込み違いも甚しい、とはまさにこのことだ、と今なら言えるのだが、まあいつだって見込みというのはそんなもんである。
     ついでながら、費用はボードレールが受け取るはずの実父の遺産で賄われることとなり、それについてもムカついたであろうことは想像に難くない。
     さて、というわけで、ボードレールは経験豊富な大ベテランの海の男で気の優しい温厚な紳士である「南海」号の船長に託されることとなった。オーピックは顔が広く人望も篤かったのでこういうことはさくさく決まったのである。出港は6月9日、ロックの日である。

     旅ともなればワクワクもので、妙にはしゃいだりもしがちであるが、しかしまあ我らがボードレールの偏屈ぶりはご存じであろう、やはり船中での彼は他の船客とも打ち解けず、たまに喧嘩を起こす他は一人黙々読書するばかり。心配になった船長が話し掛けてみると愛想もいいのだが、心を開かないのは変わらない。
     いきなり島流しみたいな仕打ちを受けて精神的に不安定なんであろう、と、若者特有の繊細な感情みたいなのを顧慮して、船長はあまり干渉しないことにした。それから、気晴らしになるよう航海について愉快なの話をしたりした。あと、船の操縦の仕方を少し教えてあげたりした。海上生活、パリとは違う星空、イルカの群れ、初めての体験に心も躍って楽しかったそうだが、何せ根っからの都会っ子、布団の中では、オーシャンゼリゼ!とか思っていたに違いない。とうとう偏屈なままであった。そして。

     9月、旅も半ばアフリカ最南端希望峰を越えた辺りで「南海」号はとてつもない嵐に遭遇した。
     この嵐というのが凄惨なもので、海のことならなんでも知ってるくらいの船長でさえ、「私の長い船乗り人生でも見たこともないくらいに桁外れ」というほどの代物。航海初体験のボードレールにとってみては想像を絶するハードな状態であったと想像される。過酷である。
     そんな中を何日も進む内、「南海」号は積荷が流出するわ、マストが折れるわ、舵がイカれるわ、船はほとんど航行不能なまでに破壊されてしまった。
     運良く通りすがりの船に救助され、なんとか辿り着いたモーリス島、現在はイギリス領モーリシャス島で一行は、修理だのなんだので一月以上も足止めを食らうはめに。

     その間、現地のお宅にご厄介となり、まあパリからやってきた名家のご子息、というわけで地元の名士のお宅へ食事に招かれてお話したり、自らの詩をそこの奥さんに献呈したり(『悪の華』61・「植民地生まれの夫人に」)、異国情緒に感銘を受けたりしていたのだが、しかしまあ、平和な田舎の狭い離島のこと、一月も居ればやることもなくなり、しょうがないから日がなぶらぶらしているともなればそりゃあ飽きもくるってなもんで、船の修理もじき終わるという段になりボードレールは堪え難いほどのホームシックに罹患してしまった。
     とりあえず船には乗り込んだものの、次の停泊地ブルボン島でそれ以上先に進むことをボードレールは断固拒否。「ぼくもう帰ります!」と宣言し、なんとか説得せんとする船長を突っ撥ねフランス本国行きの船に乗り込んでしまった。11月のことである。
     船長は、偏屈な少年から開放されてほっとしたのと任務遂行が不首尾に終わったのとで複雑な気分、と、オーピック宛に手紙を書き送っている。
     帰りの船中での振る舞いはよく分かっていないのだが、多分また他の人から離れて一人で本でも読んでたんだろう。散文詩「遂に」なんかを読むとそんな気がする。

     そんなこんなで翌1842年2月、突如帰宅して家族を驚かせ(そして落胆させ)、しばらくは大人しくしていたものの、4月、法律上の成人に達し亡父の遺産を相続したボードレールは、現代までも続く「デカダン詩人」という不名誉なパブリックイメージを作る元となった贅沢三昧生活へと突入するのであった。

     つづく
    | ボードレールについて | 07:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
    『漂着物』17・ 声
    僕が育った揺籃は本箱に凭せてあった、
    地味なこのバベルの塔には、小説やら、科学の書やら、寓話詩やら、
    ラテンの灰とギリシャの埃の一切が、ごっちゃになって並んでいた。
    僕の背丈は二つ折本そこそこだった。
    二つの声が僕に呼びかけた。狡そうで歯切れのいい
    一つの声は、こう言った、《地球は甘いお菓子だぜ、
    あんたの食欲を地球ほど大きくすることもわしには出来るというものだ、
    そうさえなったらしめたもの、あんたの楽しみに果はないから!》
    また別の声が言う、《おいでよ! おいでよ! 可能の彼岸、
    既知の彼岸、夢の中へ、旅に出ようよ!》
    この声は、どこやらから来ては歌う浜風みたいに、
    泣き虫の幽霊みたいに、耳ざわりは楽しいが、ちと怖かった。
    僕はそなたに答えたものだ、《行くよ! やさしい声よ!》と。
    この時からだ、切ないことに! 僕の傷、僕の不運が始まったのは。
    広大な人生の書割の背後、真暗な淵の底に、
    僕ははっきり異様な世界を見ることになり、
    われとわが炯眼の陶然した犠牲となって、
    靴を噛む蛇どもを引きずりながら歩いている。
    同じくまたこの時からだ、予言者に似て、僕がやさしい限りの思いで、
    砂漠と海を愛するようになったのも。
    悲しい時に笑い、嬉しい時に泣き、
    苦い酒に甘味があると思うようになったのも。
    真実を虚偽だと思い、天を見ていて、
    穴にはまったりするようになったのは。
    それなのにあの、「声」が慰め顔で僕に言う、《そなたの夢を
    大事になさい、賢者は狂人ほど見事な夢は見ていない!》


    (堀口大學・『悪の華』・新潮文庫)
    | 韻文詩(悪の華等) | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
    赤裸の心・113
    重要なノート。
    毎日、義務と深慮とが命ずるところをなせ。
     お前がもし、毎日の仕事をするならば、人生はもっと堪え易いものになるだろう。二日間休みなく仕事をしろ。

     主題を見出だすための、「汝自身をしれ」(私の趣味の表示)

     常に詩人であれ、散文に於いてさえ。

     立派なスタイル(常套句ほど美しいものはない)
     まず始めろ。それから理論や分析を用いることだ。どんな仮説も結論に向う。
    毎日の熱中の対象を発見すること。


    (河上徹太郎・『ボードレール全集・5』・河出書房)
    | その他(日記、お手紙等) | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
    『新・悪の華』 10・沈思
    私の苦悩よ、鎮まり落ち着くがいい。
    お前の望んだ夕暮れは、それはもうここに降りている。
    ある者には安らぎを、ある者には憂いをもたらし、
    薄暗い大気は都会を包んでいる。

    死すべき人らの卑しい群が、
    無慈悲な死刑執行吏「快楽」の鞭に追われ、
    奴隷の祝宴に悔恨を拾い集めにゆく間、
    私の苦悩よ、私に手を差し延ばせ。こちらへ来れ、

    彼らより遠く離れて。見たまえ、死んだ歳月たちは天の露台に、
    古びた着物を纏い身を屈めている。
    微笑を湛えた後悔は、水の底より浮かび出る。

    死を迎えた太陽は、橋弧の下に眠り込むのを、
    そしてまた、東洋にまでもたなびく長い屍衣のように、
    優しい夜の歩み寄る音を、聴きたまえ、愛しき心よ。
    | 韻文詩(悪の華等) | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
    『悪の華』 77・憂鬱
    私はまるで、雨降りばかりの国の王、
    富はあっても不能で、年若くして既に老けこみ、
    へつらう教師どもを蔑み、
    犬にもいかなる獣にも飽き果てている。
    何をもっても王の心は楽しまない、狩りの獲物も狩る鷹も、
    露台の向うで死にゆく民も。
    かつては好んだ道化師の奇怪な歌も
    残虐な病人の額を晴らせることはもはやない。
    百合の模様に飾られた寝台は墓と化し、
    仕える女ども、王であるならみなちやほやしたがる女ども、
    この若い骸骨より微笑を引き出そうと
    淫らな化粧を凝らすが甲斐はない。
    王のためには黄金すら作り出すあの学者にも、
    身体に巣喰った腐敗の種は抜き去れず、
    ローマ時代より伝わるあの血風呂、
    年老いた権力者の必ず思い至るあの沐浴みにも、
    麻痺した死骸は温まらない。
    何故といい、この身体を循るのは血ではなく、「忘却の河(レテ)」の碧の水だから。


    ()
    | 韻文詩(悪の華等) | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
    『悪の華』 39・(無題)
    おまえに贈ろう これらの詩を もしも私の名が
    幸いに 遠い時代の岸辺まで漂い着いて、
    大いなる北風の恵みを受けた船のように、
    ある夜 人間たちの脳味噌に夢を見させることでもあれば、

    おまえの思い出が、さだかならぬ言い伝えに似て、
    打弦琴のように読者の耳につきまとい、
    友愛の 神秘の鎖の輪によって
    尊大なわが脚韻にぶら下がるように残ってほしいから。

    呪われた存在よ、底知れぬ深淵から
    天の高みに到るまで、私のほかに、おまえに答えるものはない!
    ─おお おまえ、足跡もすぐに消える亡霊のように、

    足どり軽く まなざしも晴れ晴れと踏みにじるのか
    おまえをひどい女と呼んだ愚かしい人間どもを、
    黒玉の目をした彫像よ、青銅の額をした大天使よ!


    (安藤元雄・「悪の華」・集英社文庫)
    | 韻文詩(悪の華等) | 06:41 | comments(1) | trackbacks(0) |
    『悪の華』56 ・秋の歌 (全文)

    僕らはそろそろ冷たい闇へ沈む。
    さようなら、あまりに短かい夏の鮮やかで烈しい光。
    中庭の石畳へ落ちる薪の、陰気な音が聞こえ始めた。

    僕の中に怒りが、憎しみが、戦慄が、恐怖が、鞭打たれる労働が、冬のすべてが帰ってくる。
    僕の心はまるでもう、氷地獄に照る太陽か、赤く凍った塊とでもいうばかり。

    落ちる一つ一つの薪の音を、震えながら聴いている。
    断頭台を築く音よりも重苦しい。
    僕の心は言ってみれば、疲れ知らずの重い槌に打ち崩される城の塔。

    この単調な響きに身を揺すっていると、何か忙しげに柩の釘を打つ音を聞いているようだ。
    一体誰を葬るのだろうか? …昨日は夏、今日は秋!
    奇怪な音はまるで出発のように響いている。


    僕の愛する優しく美しい君の、切れ長で緑色したその眼の光も、もう皆苦々しい。
    君の愛情も、居心地のいい部屋も、暖炉の火も、あの海に輝く太陽には敵わない。

    それでも、僕を愛してくれないか、その優しさで!
    母親のように、恩知らずの男のため、意地の悪い男のために。
    恋人として、妹として、光輝く秋の、沈もうとする太陽の、束の間のやさしさで。

    季節は素早く過ぎ去って、墓だけが待っている。腹を空かせた墓だけが!
    ねえ、僕が君の膝に額を載せて、過ぎ去った白く輝いた夏を惜しみながら、柔らかな黄金色に輝く暮れ行く秋の光を味わうことを許してくれないか。
    | 韻文詩(悪の華等) | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
    『パリの憂鬱』 6・誰もが自分の幻想を
     私は人々の内の一人に声を掛け、彼らがそうしてどこへ行こうとしているのか尋ねてみた。その答えは、彼も他の人々も行先のことについて何も分かってはいないが、進みたいという逆らいがたい欲求に常につき動かされているのだから、どこかへ向っているに違いない、というものだった。
     銘記しておきたい奇妙な点は、この旅人たちの誰一人として、彼らの顎にぶら下がり背中に張り付く凶暴な獣について、それが自分自身の一部分だとでもいうかのように、苛立たしさを些かも感じていない風だということである。どの顔も疲れ果ててはいるが絶望した様子もない生真面目な調子で、空という重苦しい天井の下、その空と同じ荒涼とした地上の砂埃に足を絡ませつつ、永遠に希望を抱き続けるという罰を受けた者の諦めと共に、彼らは歩き続けるのであった。
    | 小説・散文詩(パリの憂鬱等) | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
    戯曲・「ドン・ジュアンの最後」(遺稿断片)
    ドン・ジュアンは、町の中や田野を、家来と共に散歩する。彼は気兼ねをなくして、死ぬほどの退屈さや、仕事とか新しい享楽とかを見つけることがどうしても出来ない苦労に就いて語る。彼は、時々自分よりも賤しい者共の天真爛漫な幸福を羨むことさえあると告白する。あのブールジョワも、彼等同様愚昧で卑俗な女房共と暮しながら、苦しんだり、幸福になったりするだけの情熱を持っているのだ。あの船頭共も、まずいものを喰い、無知で、ひどい服を着て疲れながらも羨望に値する。何となれば、享楽を興えるものは物のよしあしではなくて、欲望の力強さだからだ。


    (中島健藏・「ボードレール全集・5」・河出書房)
    | その他(日記、お手紙等) | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
    赤裸の心・24
    相手に退屈でない限り、何人も自分自身について語る権利がある。


    (河上徹太郎・『ボードレール全集』・河出書房)
    | その他(日記、お手紙等) | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
    << 3/11 >>